Home » m字はげ薄毛治療 » 脱毛症治療法と脱毛時期の注意事項

脱毛症治療法と脱毛時期の注意事項

脱毛症治療
Pocket

脱毛進行の程度によって、脱毛症は一時的な脱毛症と永久的な脱毛症に分けられます、一時的な脱毛症は一年以内に、毛嚢が完全に閉じられてないケースをさし、薬物の投入などで、このときは脱毛症治療にとって一番良い時期です。一年以上に立ち、毛嚢が完全に閉じられた場合、薬による治療の可能性がなくなる場合、植毛が最も有効な脱毛症治療法となります。植毛技術はこの十何年の臨床経験を生かし、信頼できる技術と発展を遂げ、国際にも通用出来るようになりました、代表的な方法は主に無痕のFUE法、と有痕のFUT法です。FUT法はメスを使っての微創手術です。ドナーを採取する際の傷跡が残ってしまうため、短髪の方にはお勧めできません。FUE法はメスを使用しないため、縫合の線状の傷跡ができない、適用層も厚いので、ほとんどの方はこの方法をご利用されています。

そのほか、以下の悪い生活習慣を注意すれば、脱毛症治療にも役に立ちます。

十分に睡眠を取る

十分に睡眠を取ることで皮膚及び毛髪の正常の新陳代謝を促進することができます、人体の代謝は主には夜の10時から翌朝の2時まで行われるものでして、この間の睡眠を十分に取れると、毛髪の新陳代謝も正常に行われます。脱毛症治療に良い効果があります。これが出来ないと毛髪の代謝と栄養バランスがくずれ、脱毛症になる可能性も大です。

 

脱毛症治療

 

お勧め:出来れば、毎日の睡眠時間が6時間以上であることが望まれます、昼も適当に10~30分の仮眠をとれば幸い、最も、定時に寝る習慣を身につければ脱毛症治療に一番いいです。

髪へのダメージを避ける

髪を染める、ヘアアイロンとヘアドライヤーなどを利用する際、髪に多少のダメージを与えます。特にドライヤーが噴き出す熱風は100度以上の温度になり、毛髪組織を破壊し、頭皮も痛めます。エアコンの温風と冷風は脱毛と白髪のもとになります。空気が乾燥しすぎも、湿度が高すぎるも髪へダメージを与えることになります。摂取する栄養を管理する

タンパク質及び微量元素の豊富な食べ物、例えば野菜や果物を取ることと、脂っぽいものと糖分の高いものを抑えることも脱毛症治療方法の一つです。

洗髪に規律をもつ

夏には週3~7回、冬は周1~3回髪を洗います。水温は体温に近く、37度~40度前後にします、脱脂性が強いあるいは酸性のシャンプーを使わないこと、これらのシャンプーの脱脂性や脱水性が強いため、髪を乾燥させやすいうえ、頭皮が壊死させる可能性もあります。洗髪に規律をもつことは脱毛症治療に大事な一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>