Home » m字はげ薄毛治療 » 抜け毛防止方法

抜け毛防止方法

抜け毛防止
Pocket

抜け毛は髪の毛が抜ける現象です。正常の抜け毛は退行期や休止期間にある髪の毛です。退行期に入る髪の毛は生長期にある髪の毛は動態バランスにあるので、髪の毛の正常数量を維持して、以上は正常な生理性抜け毛です。病理性の抜け毛症とは、髪の毛が異常あるいは極端に落ち、その原因が多いです。以下はその原因、それに抜け毛防止の方法を紹介します。

 

 

1、脂溢性抜け毛症:脂溢性抜け毛症は抜け毛の中の「がん」と呼ばれます。その治療は世界的な問題になっています。この現状になる原因は、今までまだそれを直接に治療する薬がないとのことです。現在西洋医学は5α-還元酵素抑制剤で男性脂溢性抜け毛症を治療すると出張しています。それは男性抜け毛が体内の双氢睾酮の濃度に関係がありますと。ある研究によって、女性脂溢性抜け毛症は頭皮の睾胴レベルの増加に関係があり、ジヒドロテストステロンレベルの向上に関係しないと判りました。女性の脂溢性抜け毛は抗雄激素薬物治療を中心にするべきです。抜け毛防止法:髪の毛をよく洗い、油を制御し、薬物治療も必要です。。

2、病理性抜け毛症:それは主にウイルス、細菌、高熱が毛母細胞に損傷を与え、毛母細胞の正常分裂を抑えて、毛嚢をショック状態にさせたことによる抜け毛です。例えば急性伝染病、長期薬を使用するなどの原因があります。抜け毛防止法:休みを十分に取って、体が回復になったら、または薬を止めた後、改めて新しい髪が成長して来ます。

 

抜け毛防止

抜け毛防止

 

3、化学性抜け毛症:有害化学物質が頭皮組織や毛包細胞に損害を与えたことによる抜け毛です。抜け毛防止法:刺激性の強い染毛剤やパーマ剤や粗悪シャンプー用品を使いません。

4、物理性抜け毛症:空気にある汚染物が毛嚢を渋滯し、有害な放射線などの原因による抜け毛です。抜け毛防止法:静電気が発生しやすいナイロン櫛やナイロン刷を使わない、空気粉塵汚染の深刻な環境の中でヘルメットをかぶること、または髪をイムリーに洗うことです。

5、栄養性抜け毛:消化吸収機能障害による栄養不良抜け毛です。抜け毛防止法:栄養を強化して、野菜や果実、昆布、桑の実、胡桃を多く食べます。

6、肥満性抜け毛症:大量の飽和脂肪酸は体内で代謝し、発生した廃棄物が毛嚢を詰まってしまったことによる抜け毛です。抜け毛防止法:脂っこい食物を少なく食べ、スポーツの鍛煉を強化します。

7、遺伝性抜け毛症:抜け毛も遺伝性があり、一般的には男性が優性遺伝で、女性は陰性遺伝です。近代的な医学は、正常の場合、人体の毛の乳頭の内に豊富な血管があり、それが毛乳頭、毛球部に十分な栄養を提供することによって、髪の成長ホルモン順調に合成させます。エネルギーの源となるATPが生まれない場合、髪の毛はタンパク質を合成させられない、毛母細胞が活力を失い、毛髪髄質、皮質部分の栄養が減少し、角質化し始め、毛嚢が萎縮や壊死してしまい、大量の髪が休止期に入り、髪が大量に抜けてしまいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>